2017年03月11日

腰痛治療の新常識―398―

半世紀以上にわたる腰痛予防戦略は完全な失敗に終わった。しかし未だに腰への負担を減らせば腰痛を予防できると考えている。以下にHadler NMの根拠に基づく論説を列挙する。http://1.usa.gov/UGpGfE http://1.usa.gov/PbF8U3

腰痛はけっして職業病ではありません。何千もの企業が従業員に対し、作業姿勢に気をつけ、正しい方法で荷物を持ち上げ、その他のリスクファクターと思われることを避けるようアドバイスしています。それでもなお脊椎関連の就労障害は増加を続けて収拾がつかない状態にあるのです。

国民の利益になるかもしれません。もしご迷惑でなければ「シェア」をお願い致したく存じます。いちいち承諾を得る必要もなければ、TMSジャパンも愚拙の名前も出す必要はありませんので、SNSはもちろんブログやサイトに引用先のURLごとコピー&ペーストして、情報の拡散にお力を貸していただけると幸甚でございます。

posted by 長谷川 淳史 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする