2007年01月30日

テレビ収録騒動記(1)

本日、『心はなぜ腰痛を選ぶのか』の重版決定の連絡が入った(装丁のイメージ画像は近々アップされる予定)。これで第3刷目だ。なかなか重い本であるにも関わらず、ここまで伸びているのはみなさまのご支援の賜物である。この場を借りて心より厚くお礼申し上げたい。本当にありがとうございます。m(_ _)m

ところで、ジオンの系譜番組収録、さらにはドクターチョイス!でも報告したように、昨年は日本テレビの健康情報番組に出演させていただいた。

この詳細は、「テレビ収録顛末記」と題してTMSジャパン会員のみなさまだけにメーリングリストを使って報告したわけだが、「発掘! あるある大事典」における一連の捏造事件が発覚したこともあるし、少々思うところがあって加筆訂正した上でこのブログでも公開することにした。

ただし、くれぐれも誤解してほしくないのは、一方的にテレビというメディアを批判するつもりはないということである。ここに記しておく理由は、この「テレビ収録騒動記」の最後に述べるつもりである。

*********************************

昨日、テレビの収録を終えて、今日、戻りました。

ブログでは誰が見ているかわからないので、ネガティブなことは書けません。ですが、会員のみなさまだけには本当のことをここで報告したいと思います。

結論からいうと、バラエティ番組への出演は、金輪際お断りしたいと思いました。

TMSジャパン会員の内視鏡医、町田マキヨ先生がNHKに出演された時は、バラエティ番組ではなくドキュメンタリー番組でしたので、視聴者に正確な情報が伝えられました。しかし、バラエティ番組ではそれが不可能なことが痛いほどよくわかりました。

同じくTMSジャパン会員の整形外科医、小島央先生が関西テレビの関係者に「誤った情報を放送するのはよくない」と抗議した際、「バラエティである健康情報番組を鵜呑みにする視聴者が悪い」という返答をもらったそうですけど、現実はまったくその通りでした。

それから、打ち合わせの段階で口を酸っぱくして注意しておいたにも関わらず、収録中に僕が危惧していた事件が見事に勃発してしまい、最悪の場合、訴訟問題にまで発展して番組自体がボツになる可能性も出てきました。

詳しいことは追々報告していくつもりですけど、今は怒髪天を突く状態なので、もう少し冷静になってからにします。

繰り返しますけど、ブログにはポジティブなことしか書きませんが、僕がブログに書かない限り、オンエアの日にちは掲示板などに書き込まないようにお願いします。現時点ではオンエアされるかどうかも微妙ですし、視聴者に誤った情報と不快感を与える可能性があると思うからです。

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

*********************************

収録直後とはいえ、やや感情的な文章になっているところを見ると、よほど腹に据えかねていたのだろう。赤い彗星としたことが、恥ずかしい限りである。

なお、町田マキヨ先生は1月17日放送の「はなまるマーケット」にも出演され、バラエティ番組でありながらも視聴者に有益な情報を伝えておられた。

posted by 長谷川 淳史 at 21:26| 医療システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする