2017年05月14日

腰痛治療の新常識―423―

腰痛患者161名を対象とした新たな腰痛概念に基づく教育パンフレット『The Back Book』の有効性に関する二重盲検ランダム化比較試験の結果、腰痛に対する患者の誤った考え方を変えて回復を促進させられることが判明。http://1.usa.gov/12Nesga

従来のパンフレットと違って『The Back Book』では物を持ち上げる時の注意点や背骨がいくつあるかといったことには触れず、恐怖回避行動に対する断固としたメッセージが書かれています。すなわち、あなたの腰は想像以上に頑強でひどいダメージは受けていないから、痛みを恐れずに仕事や日常生活を続けたほうが良いというメッセージです。

国民の利益になるかもしれません。もしご迷惑でなければ「シェア」をお願い致したく存じます。いちいち承諾を得る必要もなければ、TMSジャパンも愚拙の名前も出す必要はありませんので、SNSはもちろんブログやサイトに引用先のURLごとコピー&ペーストして、情報の拡散にお力を貸していただけると幸甚でございます。

posted by 長谷川 淳史 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449862526

この記事へのトラックバック