2017年06月16日

腰痛治療の新常識―434―

仕事が腰の健康状態に害をおよぼすという説得力のある科学的根拠はない。身体的負担が腰痛に影響を与える可能性はあるものの、それは一時的なものに過ぎず、持続的症状および活動障害が職業上の身体的負担によるものとは考えられない。http://amzn.to/Wfk4cI

腰痛の主要原因は仕事だという根深い社会通念がありますけど、それは根拠のない迷信でしかありません。科学的根拠の大部分は職業上の身体的暴露が持続的腰痛を引き起こす主要原因ではないことを示しています。

国民の利益になるかもしれません。もしご迷惑でなければ「シェア」をお願い致したく存じます。いちいち承諾を得る必要もなければ、TMSジャパンも愚拙の名前も出す必要はありませんので、SNSはもちろんブログやサイトに引用先のURLごとコピー&ペーストして、情報の拡散にお力を貸していただけると幸甚でございます。

posted by 長谷川 淳史 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450934844

この記事へのトラックバック