2014年10月30日

フードファディズムと悪魔の証明

TMSジャパンの腰痛治療セミナーは必ずヘルスリテラシーから始まります。医学・健康情報の真偽を見抜いて有効に活用する能力を養わないと、疾病率の上昇と死亡リスクが上昇するからです。

その中でフードファディズムについても触れています。科学的根拠の有無にかかわらず、食品や栄養素が与える影響を過大に評価するだけでなく、マスコミ・インターネット・書籍・雑誌で流された「この食品を摂取すると健康になる」「この食品を口にすると病気になる」といった情報を鵜呑みにし、バランスを欠いた偏執的で異常な食行動をとることを指します。

その対象は主に、健康に好影響をもたらし得る食品・有害性が疑われる食品・ダイエット食品・健康食品・ミネラルウォーターなどで、健康被害や詐欺にまつわる報告が年々増加しています。つまりクワッカリー(溺れる者に藁を売る商売)の被害者が増えているというわけです。

ではなぜ科学者は声を上げないのでしょう? 嘘が広がるのを黙ってみている方が、立ち上がって誇大宣伝に立ち向かうより簡単で安全だからです。クワッカリーやトキシックテロリストに反論しようものなら、「悪魔の証明」(ある事実は絶対に存在しないことを証明)を強いられるだけでなく(莫大な費用と途方もない時間がかかる)、凄まじいまでの個人攻撃によって職を失う恐れや、本人はもちろん家族の身にも危険がおよびます。

わたしもこれまで数え切れないほど個人攻撃を受けてきましたが(現在も)、世界各国の診療ガイドラインが身を守ってくれました。そう考えると、ヘルスリテラシーの中でもっとも巨大な敵はフードファディズムなのかもしれません。

11月1日(土)の20時、メールマガジン『TMSジャパンNEWS』を発行いたします。無料のメールマガジンですので、未購読の方はぜひTMSジャパン⇒「メールマガジン」からご購読ください。

なお、メールマガジンの最後に「腰痛の原因と治療に関するエビデンス集」というコーナーがあります。国民の利益になるかもしれません。いちいち承諾を得る必要はありませんので、SNSはもちろんブログやサイトにコピー&ペーストして、正確な情報の拡散にお力を貸していただけると幸甚でございます。


posted by 長谷川 淳史 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

12月の個人治療プログラム

12月の個人治療プログラムが決まりましたので11月のスケジュールも併せてお知らせ致します。

あらゆる方法を使って腰痛の原因と治療に関するエビデンス(科学的根拠)を紹介していますが、エビデンスだけではより効果的な治療を行なうことはできません。世界各国の腰痛診療ガイドラインが勧告しているように、腰痛疾患では1対1で膝を突き合わせて話し合うことがきわめて重要です。

そこでTMSジャパンは、腰痛治療セミナーや講演会という形式ではなく、個人的に相談したいというご要望にお応えするためにも、個人治療プログラムという自由に話し合える場を設けています。お茶でも飲みながらお話をしてみませんか? どうぞお気軽に遊びに来てください。

なお、残席が少なくなっておりますのでご予約はお早めにお願い致します。

個人治療プログラム

【日 時】11月18日(火)・19日(水)・20日(木)⇒恵比寿ガーデンプレイスタワー18F

【日 時】12月16日(火)・17日(水)・18日(木)⇒恵比寿ガーデンプレイスタワー18F

office2.jpeg office3.jpeg

【定 員】1日5名まで(同伴者1名まで可)

【内 容】セミナー形式ではなく個人的に相談したいという要望に応えるために用意したプログラムです。本を読んでも改善しないので他にどんな治療戦略があるのかを知りたい方、症状が強くて「腰痛治療セミナー」に出席できない方、大勢の人と一緒ではなく一対一で「腰痛治療セミナー」を受講したい方、「腰痛治療セミナー」を受講したけれどもまだ詳しく知りたいことがある方、抱えている個人的問題について一緒に考えたい方、コーヒーでも飲みながら世間話をしたい方などが対象となります。

臨機応変に対応させていただきますが、1セッション1時間20分と限られているため(連続2コマの予約も可)、レコーダーをお持ちの方はどうぞご遠慮なく会話を録音してください。

posted by 長谷川 淳史 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

感謝と幸福感

以前も述べたように、慢性のストレス反応を起こしている扁桃体の暴走(不安・恐怖・怒り・悲しみ)を沈静化させると同時に、快感中枢の側坐核を活性化させてエンドルフィン(いわゆる脳内麻薬)とドーパミン(いわゆるハッピーホルモン)を分泌させるには、感謝の念を抱くことがもっとも効果的だと複数の研究が明らかにしています。

つまり、「感謝の心が高まれば高まるほど、それに正比例して幸福感が高まっていく」(松下幸之助)というのは事実だったのです。さらにいえば、感謝なくして幸福なしといっても過言ではないでしょう。

そこで「感謝日記」をお勧めしたわけですけれども、ハーバード大学のショーン・エイカーは、1日を振り返って「ありがたい」と思ったことを3つだけ記録せよと述べています。手帳に書くもよし、メールに書いて自分に送信するもよし。実験だと思って1ヶ月ほど試してみませんか? 世の中の景色が少し変わって見えるかもしれません。

10月1日(水)の20時、メールマガジン『TMSジャパンNEWS』を発行いたします。無料のメールマガジンですので、未購読の方はぜひTMSジャパン⇒「メールマガジン」からご購読ください。

なお、メールマガジンの最後に「腰痛の原因と治療に関するエビデンス集」というコーナーがあります。国民の利益になるかもしれません。いちいち承諾を得る必要はありませんので、SNSはもちろんブログやサイトにコピー&ペーストして、正確な情報の拡散にお力を貸していただけると幸甚でございます。


posted by 長谷川 淳史 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

12月・1月の腰痛治療セミナー

12月と来年1月の腰痛治療セミナー『TMSジャパン・メソッド』が決まりましたので、10月と11月のスケジュールも併せてお知らせ致します。

世の中には腰痛や坐骨神経痛の治療法が星の数ほどあるにも関わらず、患者は減るどころか増加の一途を辿っています。なぜなら、不適切な医療が行なわれているからだと世界各国の腰痛診療ガイドラインは指摘しています。

そろそろ腰痛にまつわる時代遅れの常識を捨て去り、新しくなった腰痛概念を身に付け、腰痛に対して抱いている態度と信念を改めて、より効果的で費用のかからない21世紀の治療を始めませんか?

すべての治療法を試してみるほど人は長生きできません。腰痛疾患でお悩みの方は有効性の確認された治療法で一日も早く治してしまいましょう。医療関係者の方はプロの義務として最新の知見をアップデートし、子孫に負の遺産を残さないためにも根拠に基づく情報の拡散にご協力ください。

TMSジャパン・メソッド

2013.jpg 10004010_712322465457137_2141206101511962166_n.jpg

【内 容】拙著を読んでもまだ回復しない腰痛・下肢痛患者(できれば家族と共に受講するのが望ましい)ならびに医療関係者を対象としたセミナーで、現時点で世界最新の腰痛診療ガイドラインの勧告(サイエンス)とアートを統合した実践的治療プログラムです。

    T ヘルスリテラシー
    U 根拠に基づく医療
    V 腰痛の捉え方
    W 急性腰痛の治療法
    X 慢性腰痛の治療法
    Y 腰痛の予防法
    Z 治療と癒しの統合
    [ まとめ


受講者特典としてバインダー付きテキストの他にTMSジャパンが販売しているDVDをすべて5千円で提供させていただきます。また、TMSジャパン会員にはご希望によりパワーポイントのデータを無料で差し上げます。こちらにある受講者の声も参考にしていただいて、ぜひ腰痛治療セミナー『TMSジャパン・メソッド』を体験してみてください。

第148回(東京:定員30名)
【日 時】2014年10月12日(日)  10:00〜17:00
【会 場】永和ビル B1 会議室A (新宿駅西口より徒歩2分)

gaikan.jpg

エビデンスに基づく腰痛の理解 in 名古屋(名古屋:定員30名)
【日 時】2014年10月18日(土)  10:00〜17:00
【会 場】名駅セミナーオフィス OA第2ビル 3F ルームA 

imagedisp.jpg

第149回(福岡:定員28名)
【日 時】2014年11月23日(日)  10:00〜17:00
【会 場】エイムアテイン セミナールーム (JR博多駅博多口より徒歩2分)

Aim20Attain.jpg

第150回(東京:定員18名)
【日 時】2014年12月21日(日)  10:00〜17:00
【会 場】永和ビル B3 会議室D (新宿駅西口より徒歩2分)

gaikan.jpg

第151回(東京:定員18名)
【日 時】2015年1月18日(日)  10:00〜17:00
【会 場】永和ビル B3 会議室D (新宿駅西口より徒歩2分)

gaikan.jpg

なお、席に限りがございますので、お申し込みはお早めにお願い申し上げます。


また、東京・名古屋・福岡まで来られないという方のために腰痛治療セミナーを収録したDVDをご用意しております。選択肢のひとつとして考えていただければ幸いでございます。

posted by 長谷川 淳史 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月の個人治療プログラム

11月の個人治療プログラムが決まりましたので10月のスケジュールも併せてお知らせ致します。

あらゆる方法を使って腰痛の原因と治療に関するエビデンス(科学的根拠)を紹介していますが、エビデンスだけではより効果的な治療を行なうことはできません。世界各国の腰痛診療ガイドラインが勧告しているように、腰痛疾患では1対1で膝を突き合わせて話し合うことがきわめて重要です。

そこでTMSジャパンは、腰痛治療セミナーや講演会という形式ではなく、個人的に相談したいというご要望にお応えするためにも、個人治療プログラムという自由に話し合える場を設けています。お茶でも飲みながらお話をしてみませんか? どうぞお気軽に遊びに来てください。

なお、残席が少なくなっておりますのでご予約はお早めにお願い致します。

個人治療プログラム

【日 時】10月14日(火)・15日(水)・16日(木)⇒恵比寿ガーデンプレイスタワー18F

【日 時】11月18日(火)・19日(水)・20日(木)⇒恵比寿ガーデンプレイスタワー18F

office2.jpeg office3.jpeg

【定 員】1日5名まで(同伴者1名まで可)

【内 容】セミナー形式ではなく個人的に相談したいという要望に応えるために用意したプログラムです。本を読んでも改善しないので他にどんな治療戦略があるのかを知りたい方、症状が強くて「腰痛治療セミナー」に出席できない方、大勢の人と一緒ではなく一対一で「腰痛治療セミナー」を受講したい方、「腰痛治療セミナー」を受講したけれどもまだ詳しく知りたいことがある方、抱えている個人的問題について一緒に考えたい方、コーヒーでも飲みながら世間話をしたい方などが対象となります。

臨機応変に対応させていただきますが、1セッション1時間20分と限られているため(連続2コマの予約も可)、レコーダーをお持ちの方はどうぞご遠慮なく会話を録音してください。

posted by 長谷川 淳史 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

健康を決める力

ヘルスリテラシー(医療・健康情報の真偽を見極め、正確な情報を有効に活用する能力)が低いと、医療の質や健康状態が悪化し、救急搬送率・入院率・長期入院率が上昇するために医療費が高騰するだけでなく、死亡率まで上昇することが明らかになっています。

htop.jpg

TMSジャパンメソッド2013配布資料.jpg

つまり、根拠の曖昧な迷信や神話・都市伝説を信じ込んでしまうと健康を害する恐れがあるのです。とりわけ腰痛疾患に関していえば、「腰痛患者はネットで情報を検索すべきでない」と警告を発する論文まであるほどです。それで腰痛治療セミナーの冒頭はヘルスリテラシーについてお話しているわけですけど、とても参考になるサイトがあります。『健康を決める力―“ヘルスリテラシー”を身につける』です。

これまでどんなに説明しても、ヘルスリテラシーやEBM(根拠に基づく医療)に対する理解が得られませんでした。しかし今では『健康を決める力―“ヘルスリテラシー”を身につける』があります。お時間のある方はこのサイトを隅から隅まで読んでみてください。とても勉強になります。

というわけで、『健康を決める力―“ヘルスリテラシー”を身につける』をTMSジャパン⇒「リンク集」に追加させていただきました。腰痛治療セミナーの受講者もここで復習することをお勧めします。

posted by 長谷川 淳史 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

はりまる堂

東京都中野区に小西直之(こにし・なおゆき)先生が院長を務める『はりまる堂』があります。

痛みが少なく心地よい鍼治療に灸やマッサージを組み合わせ、心身を癒す“ほっとできる”治療を提供している小西直之先生は、「一番安心できる空間で施術を受けていただきたい」という思いから中野区を中心に往診専門で患者さんの治療にあたっておられる鍼灸師です。

そんな小西直之先生がこの度、TMSジャパン会員としてTMSジャパンの活動をご支援くださることになり、先日のスペシャルセミナーも受講してくださいました。そこで『はりまる堂』をTMSジャパン⇒「リンク集」に追加させていただきましたので、お近くの方はぜひお気軽にご相談ください。

小西直之先生、この度はTMSジャパン会員にご入会くださいまして誠にありがとうございました。また、リンクが遅れてしまいましたこと、心より深くお詫び申し上げます。まだまだ未熟者ではございますが、これをご縁にご指導ご鞭撻の程を何卒よろしくお願い申し上げます。

posted by 長谷川 淳史 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

エビデンスレベル

ヘルスリテラシー(健康情報の真偽を見極めて活用する能力)が低いと医療の質の低下、健康状態の悪化、医療費の高騰(救急搬送率・入院率・長期入院率の上昇による)、死亡率の上昇につながることが明らかとなっています。

それだけならまだしも、ヘルスリテラシーが低い人たちは、トキシックテロリストの口車にまんまと乗せられて、「不安」「恐怖」「怒り」「悲しみ」という毒を撒き散らし、扁桃体の暴走に力を貸していることに気づいていないようです。とりわけ、医療関係者が不安や恐怖を煽る根拠の曖昧な情報を広めるのは、罪が重いといわざるを得ません。

とはいえ、情報の真偽を見極めるのは専門家でもとても難しいことです。しかし、おおまかなエビデンスレベル(証拠能力の高さ)を知っておくと参考になるでしょう。大切なのはヒトを対象としたランダム化比較試験であり、どこのだれがやっても同じ結果が出るという再現性です。ゆめゆめラットの実験結果をヒトに当てはめることのないように。

TMSジャパン・メソッド2006.jpg

8月29日(金)の20時、メールマガジン『TMSジャパンNEWS』を発行いたします。無料のメールマガジンですので、未購読の方はぜひTMSジャパン⇒「メールマガジン」からご購読ください。

なお、メールマガジンの最後に「腰痛の原因と治療に関するエビデンス集」というコーナーがあります。国民の利益になるかもしれません。いちいち承諾を得る必要はありませんので、SNSはもちろんブログやサイトにコピー&ペーストして、正確な情報の拡散にお力を貸していただけると幸甚でございます。


posted by 長谷川 淳史 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

10月の個人治療プログラム

10月の個人治療プログラムが決まりましたので9月のスケジュールも併せてお知らせ致します。

あらゆる方法を使って腰痛の原因と治療に関するエビデンス(科学的根拠)を紹介していますが、エビデンスだけではより効果的な治療を行なうことはできません。世界各国の腰痛診療ガイドラインが勧告しているように、腰痛疾患では1対1で膝を突き合わせて話し合うことがきわめて重要です。

そこでTMSジャパンは、腰痛治療セミナーや講演会という形式ではなく、個人的に相談したいというご要望にお応えするためにも、個人治療プログラムという自由に話し合える場を設けています。お茶でも飲みながらお話をしてみませんか? どうぞお気軽に遊びに来てください。

なお、残席が少なくなっておりますのでご予約はお早めにお願い致します。

個人治療プログラム

【日 時】9月16日(火)・17日(水)・18日(木)⇒恵比寿ガーデンプレイスタワー18F

【日 時】10月14日(火)・15日(水)・16日(木)⇒恵比寿ガーデンプレイスタワー18F

office2.jpeg office3.jpeg

【定 員】1日5名まで(同伴者1名まで可)

【内 容】セミナー形式ではなく個人的に相談したいという要望に応えるために用意したプログラムです。本を読んでも改善しないので他にどんな治療戦略があるのかを知りたい方、症状が強くて「腰痛治療セミナー」に出席できない方、大勢の人と一緒ではなく一対一で「腰痛治療セミナー」を受講したい方、「腰痛治療セミナー」を受講したけれどもまだ詳しく知りたいことがある方、抱えている個人的問題について一緒に考えたい方、コーヒーでも飲みながら世間話をしたい方などが対象となります。

臨機応変に対応させていただきますが、1セッション1時間20分と限られているため(連続2コマの予約も可)、レコーダーをお持ちの方はどうぞご遠慮なく会話を録音してください。

posted by 長谷川 淳史 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

個人治療プログラム

9月の個人治療プログラムの会場が恵比寿ガーデンプレイスタワーに決まりましたのでお知らせ致します。

あらゆる方法を使って腰痛の原因と治療に関するエビデンス(科学的根拠)を紹介していますが、エビデンスだけではより効果的な治療を行なうことはできません。世界各国の腰痛診療ガイドラインが勧告しているように、腰痛疾患では1対1で膝を突き合わせて話し合うことがきわめて重要です。

そこでTMSジャパンは、腰痛治療セミナーや講演会という形式ではなく、個人的に相談したいというご要望にお応えするためにも、個人治療プログラムという自由に話し合える場を設けています。お茶でも飲みながらお話をしてみませんか? どうぞお気軽に遊びに来てください。

なお、残席が少なくなっておりますのでご予約はお早めにお願い致します。

個人治療プログラム

【日 時】9月16日(火)・17日(水)・18日(木)⇒恵比寿ガーデンプレイスタワー18F

office2.jpeg office3.jpeg

【定 員】1日5名まで(同伴者1名まで可)

【内 容】セミナー形式ではなく個人的に相談したいという要望に応えるために用意したプログラムです。本を読んでも改善しないので他にどんな治療戦略があるのかを知りたい方、症状が強くて「腰痛治療セミナー」に出席できない方、大勢の人と一緒ではなく一対一で「腰痛治療セミナー」を受講したい方、「腰痛治療セミナー」を受講したけれどもまだ詳しく知りたいことがある方、抱えている個人的問題について一緒に考えたい方、コーヒーでも飲みながら世間話をしたい方などが対象となります。

臨機応変に対応させていただきますが、1セッション1時間20分と限られているため(連続2コマの予約も可)、レコーダーをお持ちの方はどうぞご遠慮なく会話を録音してください。

posted by 長谷川 淳史 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

ジョイント講演会

11月16日(日)に東京の新宿で『根拠に基づく腰痛治療入門』と『アドラー心理学から観た心と身体の関係』と題するジョイント講演会を開催いたします。

945639_557350120984865_882949605_n.jpg 2013kohen.jpg

臨床試験で有効性が証明されていないリスク(害)がベネフット(利益)を上回る不適切な医療が横行しているといわれています。現時点で最善の医療を受けられないのは、腰痛患者にとってきわめて不幸な状況といえます。

医療費はもちろん通院費や休職手当まで政府が負担しているヨーロッパやオセアニア諸国では、数年おきに改訂される「腰痛診療ガイドラン」の積極的な導入によって、従来の標準的な治療より治癒率と満足度を上げ、再発率と医療費を低く抑えることに成功しています。

そこでTMSジャパンは、腰痛にまつわる迷信や神話に振り回されている腰痛難民をひとりでも減らすために、世界各国の腰痛診療ガイドラインの勧告に則した腰痛治療セミナー『TMSジャパン・メソッド』を開発しました。

しかし「腰痛治療セミナーとはどういう内容なのか」「丸一日つぶれるのは困る」といったお問合わせを数多くいただいております。そうしたご要望にお応えするために、『TMSジャパン・メソッド』をコンパクトにした約2時間の講演会『根拠に基づく腰痛治療入門』を開催することにいたしました。どうかお誘い合わせの上お気軽に遊びに来てください。

また今回は、鍼灸カウンセリングルーム空色[sorairo]代表の伊藤かよこ先生を特別講師としてお迎えし、『アドラー心理学から観た心と身体の関係』と題する講演をしていただくことになりました。フロイト、ユングと並ぶ心理学三大巨匠の一人であり、自己啓発の源流とされるアドラー心理学に触れてみませんか? 

なお、東京まで来られない方のためにDVDも用意してございます。ぜひ利用ください。

posted by 長谷川 淳史 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

側坐核の活性化

慢性疼痛やうつ病患者の脳をfMRIで調べると、快感中枢である側坐核の機能低下が観察されます。これはエンドルフィン(いわゆる脳内麻薬)とドーパミン(いわゆるハッピーホルモン)の分泌量が低下していることを意味します。

側坐核を活性化させるには、扁桃体の暴走(不安・恐怖・怒り・悲しみ)を沈静化させると同時に、血湧き肉躍るほどウキウキワクワクする言葉やイメージで頭の中を一杯にする必要があります。とはいうものの、そう簡単にできるものではありません。

ところが最近、マルチタレントのベッキーさんが「感謝日記」なるものを記していると聞きました。1日の終わりにその日のハッピーな出来事を書くのだそうです。どんな些細なことにも感謝できるなんて素晴らしいですね。実は、感謝の気持ちと幸福感には強い相関があることが複数の研究で証明されています。つまり側坐核を活性化させられるというわけです。騙されたと思って「ハピネスダイアリー」をお試しあれ。

7月31日の20時、メールマガジン『TMSジャパンNEWS』を発行いたします。無料のメールマガジンですので、未購読の方はぜひTMSジャパン⇒「メールマガジン」からご購読ください。

なお、メールマガジンの最後に「腰痛の原因と治療に関するエビデンス集」というコーナーがあります。国民の利益になるかもしれません。いちいち承諾を得る必要はありませんので、SNSはもちろんブログやサイトにコピー&ペーストして、正確な情報の拡散にお力を貸していただけると幸甚でございます。


posted by 長谷川 淳史 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

9月・10月の腰痛治療セミナー

10月の腰痛治療セミナー『TMSジャパン・メソッド』が決まりましたので9月のスケジュールも併せてご案内いたします。

世の中には腰痛や坐骨神経痛の治療法が星の数ほどあるにも関わらず、患者は減るどころか増加の一途を辿っています。なぜなら、不適切な医療が行なわれているからだと世界各国の腰痛診療ガイドラインは指摘しています。

そろそろ腰痛にまつわる時代遅れの常識を捨て去り、新しくなった腰痛概念を身に付け、腰痛に対して抱いている態度と信念を改めて、より効果的で費用のかからない21世紀の治療を始めませんか?

すべての治療法を試してみるほど人は長生きできません。腰痛疾患でお悩みの方は有効性の確認された治療法で一日も早く治してしまいましょう。医療関係者の方はプロの義務として最新の知見をアップデートし、子孫に負の遺産を残さないためにも根拠に基づく情報の拡散にご協力ください。

TMSジャパン・メソッド Version 2013

2013.jpg 10004010_712322465457137_2141206101511962166_n.jpg

【内 容】拙著を読んでもまだ回復しない腰痛・下肢痛患者(できれば家族と共に受講するのが望ましい)ならびに医療関係者を対象としたセミナーで、現時点で世界最新の腰痛診療ガイドラインの勧告(サイエンス)とアートを統合した実践的治療プログラムです。

    T ヘルスリテラシー
    U 根拠に基づく医療
    V 腰痛の捉え方
    W 急性腰痛の治療法
    X 慢性腰痛の治療法
    Y 腰痛の予防法
    Z 治療と癒しの統合
    [ まとめ


受講者特典としてバインダー付きテキストの他にTMSジャパンが販売しているDVDをすべて5千円で提供させていただきます。また、TMSジャパン会員にはご希望によりパワーポイントのデータを差し上げます。こちらにある受講者の声も参考にしていただいて、ぜひアップグレードした腰痛治療セミナー『TMSジャパン・メソッド2013』を体験してみてください。

★第147回(東京:定員18名)
【日 時】2014年9月14日(日)  10:00〜17:00
【会 場】永和ビル B3 会議室D (新宿駅西口より徒歩2分)

gaikan.jpg

★第3回スペシャルセミナー(東京:定員30名)
【日 時】2014年9月21日(日)  13:00〜17:00
【会 場】永和ビル B1 会議室A (新宿駅西口より徒歩2分)

gaikan.jpg

★第148回(東京:定員30名)
【日 時】2014年10月12日(日)  10:00〜17:00
【会 場】永和ビル B1 会議室A (新宿駅西口より徒歩2分)

gaikan.jpg

★エビデンスに基づく腰痛の理解 in 名古屋(名古屋:定員30名)
【日 時】2014年10月18日(土)  10:00〜17:00
【会 場】名駅セミナーオフィス OA第2ビル 3F ルームA 

imagedisp.jpg

なお、席に限りがございますので、お申し込みはお早めにお願い申し上げます。

また、東京や名古屋まで来られないという方のために腰痛治療セミナーを収録したDVDをご用意しております。選択肢のひとつとして考えていただければ幸いでございます。

posted by 長谷川 淳史 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

続・痛みを増幅させるな

痛みに関連した「言葉」「イメージ」「予想」「共感」でさえも、脳のペインマトリックスを刺激して痛みが強くなる。すなわち、痛みのことばかりを考えていると、治るどころかむしろ痛みが増幅することを再三再四述べてきました。

また、「不安」「恐怖」「怒り」「悲しみ」を刺激する情報も、同じように痛みを増幅させることを繰り返してきました。だからこそニュース断食を勧めているわけですけど、日常生活ではなかなかそうはいきません。好むと好まざるとにかかわらず、ネットを含むあらゆるメディアが情け容赦なく心をかき乱してくれます。

だとするならば、できるだけネガティブな情報に近づかないようにしましょう。ポジティブになれとはいいません。ただ、ネガティブな情報から距離を置いたり、接する時間を少なくしたりするのです。それでだけでもかなりストレス反応が軽減されるはずです。慢性の痛みやうつ病に苦しんでいる方は覚えておいてください。

明日(27日)の20時、メールマガジン『TMSジャパンNEWS』を発行いたします。無料のメールマガジンですので、未購読の方はぜひTMSジャパン⇒「メールマガジン」からご購読ください。

なお、メールマガジンの最後に「腰痛の原因と治療に関するエビデンス集」というコーナーがあります。国民の利益になるかもしれません。いちいち承諾を得る必要はありませんので、SNSはもちろんブログやサイトにコピー&ペーストして、正確な情報の拡散にお力を貸していただけると幸甚でございます。


posted by 長谷川 淳史 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

TMSジャパン会員限定スペシャルセミナー

第3回目のTMSジャパン会員限定スペシャルセミナーの日程が決まりましたのでご案内いたします。

これまでの腰痛治療セミナーと違って質疑応答の時間をたっぷり確保し、ざっくばらんに話し合える双方向のセミナーです。今回も驚くべき最新の知見をたくさん用意しておりますのでぜひお見逃しのないように。

TMSジャパンメソッドスペシャル.jpg gaikan.jpg

【対 象】TMSジャパン会員限定
【日 時】2014年9月21日(日) 13:00〜17:00
【会 場】東京都新宿区西新宿1−9−18
      永和ビル B1 会議室A (新宿駅西口より徒歩2分)
【受講料】TMSジャパン会員=8千円

posted by 長谷川 淳史 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

7月・9月の腰痛治療セミナー

9月の腰痛治療セミナー『TMSジャパン・メソッド』が決まりましたので7月のスケジュールも併せてご案内いたします(8月の開催はありませんのでご注意ください)。

世の中には腰痛や坐骨神経痛の治療法が星の数ほどあるにも関わらず、患者は減るどころか増加の一途を辿っています。なぜなら、不適切な医療が行なわれているからだと世界各国の腰痛診療ガイドラインは指摘しています。

そろそろ腰痛にまつわる時代遅れの常識を捨て去り、新しくなった腰痛概念を身に付け、腰痛に対して抱いている態度と信念を改めて、より効果的で費用のかからない21世紀の治療を始めませんか?

すべての治療法を試してみるほど人は長生きできません。腰痛疾患でお悩みの方は有効性の確認された治療法で一日も早く治してしまいましょう。医療関係者の方はプロの義務として最新の知見をアップデートし、子孫に負の遺産を残さないためにも根拠に基づく情報の拡散にご協力ください。

TMSジャパン・メソッド Version 2013

2013.jpg 10004010_712322465457137_2141206101511962166_n.jpg

【内 容】拙著を読んでもまだ回復しない腰痛・下肢痛患者(できれば家族と共に受講するのが望ましい)ならびに医療関係者を対象としたセミナーで、現時点で世界最新の腰痛診療ガイドラインの勧告(サイエンス)とアートを統合した実践的治療プログラムです。

    T ヘルスリテラシー
    U 根拠に基づく医療
    V 腰痛の捉え方
    W 急性腰痛の治療法
    X 慢性腰痛の治療法
    Y 腰痛の予防法
    Z 治療と癒しの統合
    [ まとめ


受講者特典としてバインダー付きテキストの他にTMSジャパンが販売しているDVDをすべて5千円で提供させていただきます。また、TMSジャパン会員にはご希望によりパワーポイントのデータを差し上げます。こちらにある受講者の声も参考にしていただいて、ぜひアップグレードした腰痛治療セミナー『TMSジャパン・メソッド2013』を体験してみてください。

★第146回(東京:定員30名)
【日 時】2014年7月20日(日)  10:00〜17:00
【会 場】永和ビル B1 会議室A (新宿駅西口より徒歩2分)

gaikan.jpg


★第147回(東京:定員18名)
【日 時】2014年9月14日(日)  10:00〜17:00
【会 場】永和ビル B3 会議室D (新宿駅西口より徒歩2分)

gaikan.jpg

なお、席に限りがございますので、お申し込みはお早めにお願い申し上げます。

また、東京まで来られないという方のために腰痛治療セミナーを収録したDVDをご用意しております。選択肢のひとつとして考えていただければ幸いでございます。

posted by 長谷川 淳史 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

サイト開設14周年記念キャンペーン開始

この6月15日でTMSジャパンは満14歳になります。愚拙のような人間がここまで続けてこられたのは、TMSジャパン会員をはじめとした数多くの方々の温かいご支援があったからに他なりません。この場を借りて心より厚くお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

20121009_128316.png

そこで大きな感謝の気持ちを込めて、今年もサイト開設記念キャンペーンを実施いたします。6月1日から7月31日までの2ヶ月間、過去の腰痛治療セミナーを収録したすべてのDVDを30%引きで提供させていただきますので、セミナー会場まで足を運べない方はぜひこの機会をご利用ください。少しでもお役に立てれば幸甚でございます。

posted by 長谷川 淳史 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

嫌われる勇気

昨年末に発刊されて以来、直木賞受賞作品を凌ぐ勢いでたちまちベストセラーになった本があります。23万部とも27万部とも噂されるその本は、アドラー心理学について書かれた岸見一郎ほか著『嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え』です。


81up5DFy9hL._SL1500_ (1).jpg 9784478025819pop1.jpg

初めてアドラー心理学と出会ったのは、今から23年前の『アドラー心理学トーキングセミナー』・『続アドラー心理学 トーキングセミナー』でした。この2冊をきっかけにアルフレッド・アドラーに魅せられた愚拙は、手当たり次第にアドラー心理学関連の文献を読み漁り、『どうすれば幸福になれるか(上)』・『どうすれば幸福になれるか(下)』という名著に出会い、この4冊を人によく勧めていました。アドラー心理学を学ぶには、この4冊がベストだと信じて疑わなかったからです。

ところが今回、岸見一郎先生がそれらを超える素晴らしいご著書を上梓してくださいました。2006年に心筋梗塞で倒れた時はヒヤヒヤしたものですが、これまでのご苦労をほんの少しだけ知っている愚拙としては、この大きな喜びを表現する言葉が見つかりません。岸見一郎先生、本当におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

内容はすでにご存知の方も多いでしょうから詳しくは説明しません。ただ、ジャーナリストの神保哲生氏と社会学者の宮台真司氏との鼎談「マル激トーク・オン・ディマンド」(前編)(後編)は一読する価値があると思います。

というわけで、岸見一郎二ほか著『嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社)をTMSジャパン⇒「図書室」⇒「TMSジャパン附属電子図書館」⇒「心理学(2)」に追加させていただきました。ぜひご一読ください。強くお勧めします。

ところで、岸見一郎先生と宮台真司氏は昔からのお知り合いだそうですけど、愚拙は彼と『攻殻機動隊』について腹を割ってじっくりと話し合ってみたいです。それも徹夜で。


posted by 長谷川 淳史 at 01:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

痛みを増幅させるな

腰痛治療セミナーでも述べているように、痛みのことばかりを考えていると、治るどころかむしろ痛みが増幅することが明らかになっています。痛みに関連した言葉・イメージ・予想・共感さえも、脳のペインマトリックスを刺激して痛みが強くなるのです。

何気なくブログやSNSを眺めていると、そうして自ら痛みを悪化させている人たちが数多く見受けられます。どうかわざわざ悪くなるようなことはしないでください。こちらの心が痛んできます。

明日(26日)の20時、メールマガジン『TMSジャパンNEWS』を発行いたします。無料のメールマガジンですので、未購読の方はぜひTMSジャパン⇒「メールマガジン」からご購読ください。

なお、メールマガジンの最後に「腰痛の原因と治療に関するエビデンス集」というコーナーがあります。国民の利益になるかもしれません。いちいち承諾を得る必要はありませんので、SNSはもちろんブログやサイトにコピー&ペーストして、正確な情報の拡散にお力を貸していただけると幸甚でございます。


posted by 長谷川 淳史 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

6月・7月の個人治療プログラム

7月の個人治療プログラム決まりましたので6月のスケジュールも併せてご案内いたします。

あらゆる方法を使って腰痛の原因と治療に関するエビデンス(科学的根拠)を紹介していますが、エビデンスだけではより効果的な治療を行なうことはできません。世界各国の腰痛診療ガイドラインが勧告しているように、腰痛疾患では1対1で膝を突き合わせて話し合うことがきわめて重要です。

そこでTMSジャパンは、腰痛治療セミナーや講演会という形式ではなく、個人的に相談したいというご要望にお応えするためにも、個人治療プログラムという自由に話し合える場を設けています。お茶でも飲みながらお話をしてみませんか? どうぞお気軽に遊びに来てください。

なお、残席が少なくなっておりますのでご予約はお早めにお願い致します。

個人治療プログラム

【日 時】6月18日(水)・19日(木)⇒永和ビル B3 会議室C

gaikan.jpg

【日 時】7月15日(火)・16日(水)・17日(木)⇒品川インターシティA棟28F

Shinagawa.jpeg office1.jpeg

【定 員】1日5名まで(同伴者1名まで可)

【内 容】セミナー形式ではなく個人的に相談したいという要望に応えるために用意したプログラムです。本を読んでも改善しないので他にどんな治療戦略があるのかを知りたい方、症状が強くて「腰痛治療セミナー」に出席できない方、大勢の人と一緒ではなく一対一で「腰痛治療セミナー」を受講したい方、「腰痛治療セミナー」を受講したけれどもまだ詳しく知りたいことがある方、抱えている個人的問題について一緒に考えたい方、コーヒーでも飲みながら世間話をしたい方などが対象となります。

臨機応変に対応させていただきますが、1セッション1時間20分と限られているため(連続2コマの予約も可)、レコーダーをお持ちの方はどうぞご遠慮なく会話を録音してください。

posted by 長谷川 淳史 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月・7月の腰痛治療セミナー

7月の腰痛治療セミナー『TMSジャパン・メソッド』が決まりましたので5月と6月のスケジュールも併せてご案内いたします。

世の中には腰痛や坐骨神経痛の治療法が星の数ほどあるにも関わらず、患者は減るどころか増加の一途を辿っています。なぜなら、不適切な医療が行なわれているからだと世界各国の腰痛診療ガイドラインは指摘しています。

そろそろ腰痛にまつわる時代遅れの常識を捨て去り、新しくなった腰痛概念を身に付け、腰痛に対して抱いている態度と信念を改めて、より効果的で費用のかからない21世紀の治療を始めませんか?

すべての治療法を試してみるほど人は長生きできません。腰痛疾患でお悩みの方は有効性の確認された治療法で一日も早く治してしまいましょう。医療関係者の方はプロの義務として最新の知見をアップデートし、子孫に負の遺産を残さないためにも根拠に基づく情報の拡散にご協力ください。

TMSジャパン・メソッド Version 2013

2013.jpg 10004010_712322465457137_2141206101511962166_n.jpg

【内 容】拙著を読んでもまだ回復しない腰痛・下肢痛患者(できれば家族と共に受講するのが望ましい)ならびに医療関係者を対象としたセミナーで、現時点で世界最新の腰痛診療ガイドラインの勧告(サイエンス)とアートを統合した実践的治療プログラムです。

    T ヘルスリテラシー
    U 根拠に基づく医療
    V 腰痛の捉え方
    W 急性腰痛の治療法
    X 慢性腰痛の治療法
    Y 腰痛の予防法
    Z 治療と癒しの統合
    [ まとめ


受講者特典としてバインダー付きテキストの他にTMSジャパンが販売しているDVDをすべて5千円で提供させていただきます。また、TMSジャパン会員にはご希望によりパワーポイントのデータを差し上げます。こちらにある受講者の声も参考にしていただいて、ぜひアップグレードした腰痛治療セミナー『TMSジャパン・メソッド2013』を体験してみてください。

★第144回(東京:定員36名)
【日 時】2014年5月18日(日)  10:00〜17:00
【会 場】永和ビル B3 会議室C (新宿駅西口より徒歩1分)

gaikan.jpg

★第145回(東京:定員18名)
【日 時】2014年6月15日(日)  10:00〜17:00
【会 場】永和ビル B3 会議室D (新宿駅西口より徒歩1分)

gaikan.jpg

★第146回(東京:定員18名)
【日 時】2014年7月20日(日)  10:00〜17:00
【会 場】永和ビル B1 会議室A (新宿駅西口より徒歩1分)

gaikan.jpg

なお、席に限りがございますので、お申し込みはお早めにお願い申し上げます。

また、東京まで来られないという方のために腰痛治療セミナーを収録したDVDをご用意しております。選択肢のひとつとして考えていただければ幸いでございます。

posted by 長谷川 淳史 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

根拠に基づく腰痛治療入門

7月13日(日)に新宿で『根拠に基づく腰痛治療入門』と題する講演会を開催いたします。5千円で何かの治療を2時間ほど受けると思ってお気軽にお越しください。

臨床試験で有効性が証明されていないリスク(害)がベネフット(利益)を上回る不適切な医療が横行しているといわれています。現時点で最善の医療を受けられないのは、腰痛患者にとってきわめて不幸な状況といえます。

医療費はもちろん通院費や休職手当まで政府が負担しているヨーロッパやオセアニア諸国では、数年おきに改訂される「腰痛診療ガイドラン」の積極的な導入によって、従来の標準的な治療より治癒率と満足度を上げ、再発率と医療費を低く抑えることに成功しています。

2013kohen.jpg

そこでTMSジャパンは、腰痛にまつわる迷信や神話に振り回されている腰痛難民をひとりでも減らすために、世界各国の腰痛診療ガイドラインの勧告に則した腰痛治療セミナー『TMSジャパン・メソッド』を開発しました。

しかし「腰痛治療セミナーとはどういう内容なのか」「丸一日つぶれるのは困る」といったお問合わせを数多くいただいております。そうしたご要望にお応えするために、『TMSジャパン・メソッド』をコンパクトにした約2時間の講演会『根拠に基づく腰痛治療入門』を開催することにいたしました。どうかお誘い合わせの上お気軽に遊びに来てください。

なお、東京まで来られない方のためにDVDも用意してございます。ぜひ利用ください。

posted by 長谷川 淳史 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

種まき

海外における腰痛撲滅キャンペーンでは、メディアを介して新たな腰痛概念を拡散するだけでなく、企業訪問や地域単位で講習会を開いて成果を挙げています。愚拙もこれまで数多くの講習会に招かれ、全国各地で種をまいてきました。最近になって、ようやくその種が芽吹いてきているのを感じます。

TMSジャパンでは腰痛治療セミナーという形で「TMSジャパン・メソッド」を開催していますが、しかしこの方法だけだと情報の拡散に時間がかかることに気づきました。そこでこれからは、短時間の講習会にも力を入れようと考えています。

平日・土日・祝祭日・午前・午後・夜間を問いません。こちらのメールフォームからお気軽に声をかけてください。

明日の20時、メールマガジン『TMSジャパンNEWS』を発行いたします。無料のメールマガジンですので、未購読の方はぜひTMSジャパン⇒「メールマガジン」からご購読ください。

なお、メールマガジンの最後に「腰痛の原因と治療に関するエビデンス集」というコーナーがあります。国民の利益になるかもしれません。いちいち承諾を得る必要はありませんので、SNSはもちろんブログやサイトにコピー&ペーストして、正確な情報の拡散にお力を貸していただけると幸甚でございます。


posted by 長谷川 淳史 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

腰痛治療セミナー

5月11日(日)には東京でTMSジャパン会員限定のスペシャルセミナーを、5月18日(日)と6月15日(日)には東京で腰痛治療セミナー『TMSジャパン・メソッド』を開催いたします。

世の中には腰痛や坐骨神経痛の治療法が星の数ほどあるにも関わらず、患者は減るどころか増加の一途を辿っています。なぜなら、不適切な医療が行なわれているからだと世界各国の腰痛診療ガイドラインは指摘しています。

そろそろ腰痛にまつわる時代遅れの常識を捨て去り、新しくなった腰痛概念を身に付け、腰痛に対して抱いている態度と信念を改めて、より効果的で費用のかからない21世紀の治療を始めませんか?

すべての治療法を試してみるほど人は長生きできません。腰痛疾患でお悩みの方は有効性の確認された治療法で一日も早く治してしまいましょう。医療関係者の方はプロの義務として最新の知見をアップデートし、子孫に負の遺産を残さないためにも根拠に基づく情報の拡散にご協力ください。

TMSジャパン・メソッド Version 2013

2013.jpg 10004010_712322465457137_2141206101511962166_n.jpg

【内 容】拙著を読んでもまだ回復しない腰痛・下肢痛患者(できれば家族と共に受講するのが望ましい)ならびに医療関係者を対象としたセミナーで、現時点で世界最新の腰痛診療ガイドラインの勧告(サイエンス)とアートを統合した実践的治療プログラムです。

    T ヘルスリテラシー
    U 根拠に基づく医療
    V 腰痛の捉え方
    W 急性腰痛の治療法
    X 慢性腰痛の治療法
    Y 腰痛の予防法
    Z 治療と癒しの統合
    [ まとめ


受講者特典としてバインダー付きテキストの他にTMSジャパンが販売しているDVDをすべて5千円で提供させていただきます。また、TMSジャパン会員にはご希望によりパワーポイントのデータを差し上げます。こちらにある受講者の声も参考にしていただいて、ぜひアップグレードした腰痛治療セミナー『TMSジャパン・メソッド2013』を体験してみてください。

★会員限定スペシャルセミナー(東京:定員36名)
【日 時】2014年5月11日(日)  13:00〜17:00
【会 場】永和ビル B3 会議室C (新宿駅西口より徒歩1分)

gaikan.jpg

★第144回(東京:定員36名)
【日 時】2014年5月18日(日)  10:00〜17:00
【会 場】永和ビル B3 会議室C (新宿駅西口より徒歩1分)

gaikan.jpg

★第145回(東京:定員18名)
【日 時】2014年6月15日(日)  10:00〜17:00
【会 場】永和ビル B3 会議室D (新宿駅西口より徒歩1分)

gaikan.jpg

なお、席に限りがございますので、お申し込みはお早めにお願い申し上げます。

また、東京まで来られないという方のために腰痛治療セミナーを収録したDVDをご用意しております。選択肢のひとつとして考えていただければ幸いでございます。

posted by 長谷川 淳史 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

体の不調は脳がつくり、脳が治す

常日頃お世話になっている保井志之(やすい・ゆきのぶ)DC(米国政府公認ドクター・オブ・カイロプラクティック)が渾身の新刊『体の不調は脳がつくり、脳が治す』を上梓されました。「治る人と治らない人の違いは、脳と体の学習記憶にある」というサブタイトルを見ても分かるように、腰痛・肩凝・膝痛・頭痛・めまい・アレルギーといった慢性症状の原因を「心身相関」の観点から解き明かそうという素晴らしい内容です。



【目次】
1章 病気は脳がつくり、脳が治す
2章 心身相関でだいじなのは、心と体をつなぐこと
3章 「PCRT療法」は、エネルギー治療法
4章 イップス治療もむずかしくない
5章 ストレスは悪者か
6章 アレルギーは“情報病”
付録 自分でできるPCRT療法

アクティベータメソッドを応用したPCRT(心身条件反射療法)の創始者として有名な保井志之DCですが、菊地臣一先生(福島県立医科大学理事長兼学長)のご著書だけでなく、拙著を数多く引用してくださり光栄の極みでございます。

中でも愚拙の興味を引いたのは「アレルギーは“情報病”」と言い放っていた点です。病気は情報で作られもするし、情報で治すこともできると主張してきた人間にとって、胸のすくような晴れやかな気持ちになりました。

というわけで、保井志之著『体の不調は脳がつくり、脳が治す』をTMSジャパン⇒「TMSジャパン附属電子図書館」⇒「代替医療」に追加させていただきました。

本書では、これまであまり公にされてこなかったPCRT(心身条件反射療法)について惜しげもなく公開されています。医療関係者も慢性の症状に悩まされている方も、ぜひご一読することを強くお勧めします。

保井志之先生、この度は素晴らしいご著書を世に出してくださいましてありがとうございました。また愚拙のような人間を取り上げてくださいましたことに対しても心より厚くお礼申し上げます。まだまだ未熟ものではございますが、今後ともご指導ご鞭撻の程を伏してお願い申し上げます。

posted by 長谷川 淳史 at 09:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

腰痛治療セミナー

4月13日(日)には東京で、4月20日(日)には大阪で、5月18日(日)には東京で腰痛治療セミナー『TMSジャパン・メソッド』を、5月11日(日)には東京でTMSジャパン会員限定のスペシャルセミナーを開催いたします。

世の中には腰痛や坐骨神経痛の治療法が星の数ほどあるにも関わらず、患者は減るどころか増加の一途を辿っています。なぜなら、不適切な医療が行なわれているからだと世界各国の腰痛診療ガイドラインは指摘しています。

そろそろ腰痛にまつわる時代遅れの常識を捨て去り、新しくなった腰痛概念を身に付け、腰痛に対して抱いている態度と信念を改めて、より効果的で費用のかからない21世紀の治療を始めませんか?

すべての治療法を試してみるほど人は長生きできません。腰痛疾患でお悩みの方は有効性の確認された治療法で一日も早く治してしまいましょう。医療関係者の方はプロの義務として最新の知見をアップデートし、子孫に負の遺産を残さないためにも根拠に基づく情報の拡散にご協力ください。

TMSジャパン・メソッド Version 2013

2013.jpg

【内 容】拙著を読んでもまだ回復しない腰痛・下肢痛患者(できれば家族と共に受講するのが望ましい)ならびに医療関係者を対象としたセミナーで、現時点で世界最新の腰痛診療ガイドラインの勧告(サイエンス)とアートを統合した実践的治療プログラムです。

    T ヘルスリテラシー
    U 根拠に基づく医療
    V 腰痛の捉え方
    W 急性腰痛の治療法
    X 慢性腰痛の治療法
    Y 腰痛の予防法
    Z 治療と癒しの統合
    [ まとめ


受講者特典としてバインダー付きテキストの他にTMSジャパンが販売しているDVDをすべて5千円で提供させていただきます。また、TMSジャパン会員にはご希望によりパワーポイントのデータを差し上げます。こちらにある受講者の声も参考にしていただいて、ぜひアップグレードした腰痛治療セミナー『TMSジャパン・メソッド2013』を体験してみてください。

★第143回(東京:定員36名)
【日 時】2014年4月13日(日)  10:00〜17:00
【会 場】永和ビル B3 会議室C (新宿駅西口より徒歩1分)

gaikan.jpg

★(株)MiRiTa主催(大阪:定員60名)
【日 時】2014年4月20日(日)  10:00〜17:00
【会 場】大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 10F 会議室1005

OICC_Osaka_International_Conference_Centre_and_Dojima_River01.jpg

★会員限定スペシャルセミナー(東京:定員36名)
【日 時】2014年5月11日(日)  13:00〜17:00
【会 場】永和ビル B3 会議室C (新宿駅西口より徒歩1分)

gaikan.jpg

★第144回(東京:定員36名)
【日 時】2014年5月18日(日)  10:00〜17:00
【会 場】永和ビル B3 会議室C (新宿駅西口より徒歩1分)

gaikan.jpg

なお、席に限りがございますので、お申し込みはお早めにお願い申し上げます。

また、東京や大阪まで来られないという方のために腰痛治療セミナーを収録したDVDをご用意しております。選択肢のひとつとして考えていただければ幸いでございます。

posted by 長谷川 淳史 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

陰謀史観

ヘルスリテラシーにとってもっとも大きな障害のひとつに「陰謀史観」という確証バイアスがあります。

「情報の良否が判断できないユーザー」の特徴は、話を単純にしたがること、それゆえ最も知的負荷の少ない世界解釈法である「陰謀史観」に飛びつくことである。ネット上には、世の中のすべての不幸は「それによって受益している悪の張本人(マニピュレイター)」のしわざであるという「インサイダー情報」が溢れかえっている。「陰謀史観」は、この解釈を採用する人々に「私は他の人たちが知らない世の中の成り立ちについての“秘密”を知っている」という全能感を与えてしまう。そして、ひとたびこの全能感になじんだ人々はもう以後それ以外の解釈可能性を認めなくなる。内田樹

これがどんな事態を招くのかを誰ひとりとして考えようとしないのが不思議でなりません。残念なことですが、人はどうしても低き(思考停止)に流れていくようです。

明日の20時、メールマガジン『TMSジャパンNEWS』を発行いたします。無料のメールマガジンですので、未購読の方はぜひTMSジャパン⇒「メールマガジン」からご購読ください。

なお、メールマガジンの最後に「腰痛の原因と治療に関するエビデンス集」というコーナーがあります。国民の利益になるかもしれません。いちいち承諾を得る必要はありませんので、SNSはもちろんブログやサイトにコピー&ペーストして、正確な情報の拡散にお力を貸していただけると幸甚でございます。

posted by 長谷川 淳史 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

4月・5月の個人治療プログラム

5月の個人治療プログラムが決まりましたので4月のスケジュールも併せてご案内いたします。

あらゆる方法を使って腰痛の原因と治療に関するエビデンス(科学的根拠)を紹介していますが、エビデンスだけではより効果的な治療を行なうことはできません。世界各国の腰痛診療ガイドラインが勧告しているように、腰痛疾患では1対1で膝を突き合わせて話し合うことがきわめて重要です。

そこでTMSジャパンは、腰痛治療セミナーや講演会という形式ではなく、個人的に相談したいというご要望にお応えするためにも、個人治療プログラムという自由に話し合える場を設けています。お茶でも飲みながらお話をしてみませんか? どうぞお気軽に遊びに来てください。

なお、残席が少なくなっておりますのでご予約はお早めにお願い致します。

個人治療プログラム

【日 時】4月14日(月)・15日(火)・16日(水)⇒恵比寿ガーデンプライスタワー18F

【日 時】5月13日(火)・14日(水)・15日(木)⇒恵比寿ガーデンプライスタワー18F

office2.jpeg  office1.jpeg

【定 員】1日5名まで(同伴者1名まで可)

【内 容】セミナー形式ではなく個人的に相談したいという要望に応えるために用意したプログラムです。本を読んでも改善しないので他にどんな治療戦略があるのかを知りたい方、症状が強くて「腰痛治療セミナー」に出席できない方、大勢の人と一緒ではなく一対一で「腰痛治療セミナー」を受講したい方、「腰痛治療セミナー」を受講したけれどもまだ詳しく知りたいことがある方、抱えている個人的問題について一緒に考えたい方、コーヒーでも飲みながら世間話をしたい方などが対象となります。

臨機応変に対応させていただきますが、1セッション1時間20分と限られているため(連続2コマの予約も可)、レコーダーをお持ちの方はどうぞご遠慮なく会話を録音してください。

posted by 長谷川 淳史 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

たかたにカイロ医学療術院

兵庫県神戸市に谷文英(たかたに・ふみひで)先生が院長を務める『たかたにカイロ医学療術院』があります。

日本カイロプラクティック徒手医学会会員でKCK国際カイロプラクティック師連盟や胎生療法研究会−和生塾にも所属しておられる谷文英先生は、東京大学文Tから法学部を経て商社に就職したのち、社長の勧めで試みたカイロプラクティックに衝撃を受けてこの道に転身した異色の経歴の持ち主です。

そんな谷文英先生がこの度、TMSジャパン会員としてTMSジャパンの活動をご支援くださることになりました。そこで『たかたにカイロ医学療術院』をTMSジャパン⇒「リンク集」に追加させていただきましたので、お近くの方はぜひお気軽にご相談ください。

谷文英先生、この度はTMSジャパン会員にご入会くださいまして誠にありがとうございました。また、リンクが遅れてしまいましたこと、心より深くお詫び申し上げます。まだまだ未熟者ではございますが、これをご縁にご指導ご鞭撻の程を何卒よろしくお願い申し上げます。大阪の腰痛治療セミナーでお目にかかれるのを楽しみにしております。

posted by 長谷川 淳史 at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

大川カイロプラクティックセンター経堂整体院

東京都世田谷区に高山恵一(たかやま・けいいち)先生が院長を務める『大川カイロプラクティックセンター経堂整体院』があります。

大川カイロプラクティック専門学を卒業されたJACM(日本カイロプラクティック医学協会)認定カイロプラクターである高山恵一先生は、筋肉・関節・生活習慣の3点にアプローチする「大川メソッド」を基本に患者さんの治療にあたっておられます。また、キッズスペースも完備してあるので子育て中のママも安心して施術を受けられます。

そんな高山恵一先生がこの度、TMSジャパン会員としてTMSジャパンの活動をご支援くださることになりました。そこで『大川カイロプラクティックセンター経堂整体院』をTMSジャパン⇒「リンク集」に追加させていただきましたので、お近くの方はぜひお気軽にご相談ください。

高山恵一先生、この度はTMSジャパン会員にご入会くださいまして誠にありがとうございました。また、リンクが遅れてしまいましたこと、心より深くお詫び申し上げます。まだまだ未熟者ではございますが、これをご縁にご指導ご鞭撻の程を何卒よろしくお願い申し上げます。いつかお目にかかれるのを楽しみにしております。

posted by 長谷川 淳史 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする